【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online

日本の鉄道が苦境を抜けた先に開ける景色とは?

 日本の鉄道は、この秋に150周年を迎える。人口減少とコロナ禍で苦境にあるが、未来に向けた取り組みが進む。

 

 コロナ禍は鉄道各社の業績を大きく押し下げた半面、構造改革を促した。22年度の売り上げがコロナ前の19年度比で9割まで戻るとの見通しを立てる会社は少なくない。>>>記事はこちら

 

 開業150年を迎えた日本の鉄道は今後どうあるべきか。日本初の鉄道が走った新橋―横浜間の東海道線を路線に持つJR東日本の深沢祐二社長に聞いた。>>>記事はこちら

 

 鉄道網を維持するためには、鉄道を観光資源ととらえ、乗ること自体が目的となるように魅力を高めていく必要がある。>>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事