教養・歴史書評

百年戦争を舞台に活躍した「聖少女」ジャンヌ・ダルクの生涯を描く=本村凌二

 百年戦争という名はよく知られていても、日本人の多くはそれほど関心がないのではないだろうか。14世紀半ばから15世紀半ばまで、フランスの王位と領土をめぐる争いであった。イギリスの領土はフランス内部まで深くくいこんでおり、ワインの産地ボルドーもその支配下にあった。このために、イングランドではブドウの生産はほとんどないが、それまでイギリス人は自国産のワインを飲んでいたのである。

 この百年戦争を舞台に登場する少女ジャンヌ・ダルクであれば、そこに関心が向く読者も少なくない。加藤玄著『ジャンヌ・ダルクと百年戦争』(山川出版社、880円)は、この少女に焦点をあてながら、歴史のなかで語り継がれる様を描き出す。

 1412年ごろ、フランスのドンレミ村で生まれたジャンヌは、13歳のとき、「神の声」を聴いたという。この声を信じたジャンヌは、600キロメートル離れたシノン城に到着し、国王シャルル7世に謁見した。そのころ、戦争や疫病などの災厄に苦しめられたキリスト教世界では、預言者の啓示が求められていたらしい。

 ジャンヌは勝利を予告し、自分自身も男装して戦いに参加しようとした。彼女をふくむ救援軍は進軍してオルレアンに入った。当初のところ、ジャンヌは兵士たちに信頼されなかったが、ほどなく敵の矢で負傷すると、彼女の旗印で兵士たちを結集し、彼らを鼓舞して、砦(とりで)の奪取を成し遂げた。イングランド軍は数百人の犠…

残り317文字(全文917文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事