教養・歴史アートな時間

香港映画界の名監督7人による七重奏は哀惜だけにとどまらない 芝山幹郎

©2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved
©2021 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved

映画 七人樂隊

 企画当初、この映画の題名は「八部半」と予定されていた。フェデリコ・フェリーニの名作を意識した題だが、8人の監督の一員に決まっていたジョン・ウーが、体調不良のために離脱を余儀なくされてしまった。代わりにつけられた題が「七人樂隊」。ジョニー・トー、アン・ホイ、リンゴ・ラムといった錚々(そうそう)たる顔ぶれによる「香港七重奏」がこの映画だ。

 だれしも知るとおり、1997年、香港は英国から中国に返還された。以後25年が経ち、あの土地を取り巻く環境はがらりと変わった。私も90年代以降、あの街を徘徊(はいかい)しなくなった。

残り1202文字(全文1469文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事