教養・歴史アートな時間

聖なる自然を宿した全13曲150分を聴く 梅津時比古

ピエール=ロラン・エマール©Julia Wesely
ピエール=ロラン・エマール©Julia Wesely

クラシック ピエール=ロラン・エマール ピアノリサイタル メシアン《鳥のカタログ》

 宗教的な敬虔(けいけん)を感じさせることは、音楽にとって重要な要素である。バッハやそれ以前のグレゴリオの時代では、それは音楽の必須であった。

 では、現代の音楽には、聴いていて宗教的敬虔を引き起こすものがないのだろうかと考えた時、フランスでカトリックの生涯を全うしたメシアン(1908〜92年)が挙げられる。

 作曲家には、誰にも指導者、あるいは流派の影響がある。ハイドン、モーツァルトがあってベートーベンがある。ところがメシアンにはそれがなかなか見られない。あたかも突然変異で生まれた音楽のようにすら聴こえる。メシアンには鳥の鳴き声を精密に音楽にした大曲があるが、まるで、メシアンは本当に鳥や自然から、音楽を教わったように聴こえるのである。その独特の和音は、悲しいとかうれしいという感情のレベルを超えている。…

残り908文字(全文1303文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事