教養・歴史アートな時間

黙々と地方に暮らす生活者たちのリアル 寺脇研

©2022 FILM UNION MANIWA SURVIVAMCE
©2022 FILM UNION MANIWA SURVIVAMCE

映画 やまぶき

主演俳優も監督も物語の舞台へのリアル移住者

 山吹色というくらい鮮やかな色の花をつけるヤマブキは、バラやランほどでなくとも派手なイメージがあった。ところが、この映画の題名になった訳は「陽(ひ)の当たりづらい場所にしか咲かぬ野生の花」なのだという。脚本も手がけた山﨑樹一郎監督は、ヤマブキが多く咲く岡山県山間部の田舎町・真庭で農業を営んでいるのだから、間違いはないだろう。「控えめながら力強く咲く」ヤマブキに、地方で黙々と暮らす無名の生活者たちを重ね合わせたというネーミングには納得させられる。

 地方消滅の危機が叫ばれ、政府がにわかに「地方創生」を掲げたのは8年前。だが、一部の例外を除き一向に状況が好転する気配はない。東京から地方を見る者にはわからなくても、地方に住む側からすれば深刻だ。職を求めて集まって来るのは外国人や訳ありの人間で、地元の若者たちはどんどん都会へ流出していく。

残り927文字(全文1324文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事