【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

自己責任論で諦めがちなロスジェネ世代へのエールをコロナ禍を背景に描く 寺脇研

©2022「夜明けまでバス停で」製作委員会ALL RIGHTS RESERVED.
©2022「夜明けまでバス停で」製作委員会ALL RIGHTS RESERVED.

映画 夜明けまでバス停で

2年前の殺人事件を映画化

 憶えているだろうか。2020年11月、バス停で寝泊まりしていた路上生活者の女性が、近所に住む男に頭を殴られて死亡するというショッキングな事件があった。被害者の境遇がわかっていくにつれ、コロナ禍での非正規労働者の厳しい状況が見えてきて、日本社会の経済格差の深刻さを改めて思い知らされたものだ。

「夜明けまでバス停で」は、その事件を扱っている。冒頭、バス停で眠る女の頭に男が石の詰まったポリ袋を振り下ろそうとする……と、時間は遡行(そこう)し繁盛する町の居酒屋チェーン店へ。正社員である若い男性マネジャーと女性店長にこき使われているアルバイト店員たちは、それでもたくましく自己主張してみせている。

残り913文字(全文1233文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事