教養・歴史アートな時間

鬼気迫る狂気 プリンセスの苦悩を描写 野島孝一

©2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED
©2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

映画 スペンサー ダイアナの決意

 不慮の交通事故死で世界に衝撃をもたらした故ダイアナ元妃。没後25年たつが、その人気は衰えない。この映画は、「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」のパブロ・ラライン監督がダイアナ妃に離婚を決意させた苦悩のクリスマス祝賀会を描いた。

 ダイアナ妃を演じたのは、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート。もともとは活発なアメリカ人女優だが、この作品では言葉や立ち居振る舞いまでダイアナ妃になり切り、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた。実際のダイアナ妃は英国名門貴族のスペンサー家の令嬢として1961年に生まれ、20歳でチャールズ皇太子と結婚。2人の王子にも恵まれたが、夫の裏切りにあい、王室の作法にも苦しめられて摂食障害になった。

 この映画は、1991年にエリザべス女王の私邸であるサンドリンガム・ハウスで行われたロイヤル・ファミリーのクリスマス祝賀会の3日間におけるダイアナ妃の狂気と混乱を寓話(ぐうわ)的に捉えた。

残り766文字(全文1200文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事