国際・政治論壇・論調

ウクライナへの戦車供与めぐりドイツで激論 熊谷徹

フィンランド軍のレオパルト2型戦闘戦車。保有する10カ国でウクライナに送る案も Bloomberg
フィンランド軍のレオパルト2型戦闘戦車。保有する10カ国でウクライナに送る案も Bloomberg

 ドイツでは、同国製のレオパルト2型戦闘戦車(メインバトルタンク、MBT)をウクライナ政府に供与するべきかどうかについて、激しい議論が起きている。

 ドイツの日刊紙『シュツットガルター・ツァイトゥング』は9月13日付電子版で「連邦議会欧州委員会のホーフライター委員長(緑の党)は、ウクライナが希望する戦闘戦車レオパルト2と装甲兵員輸送車マルダーを、一刻も早く供与するべきだと主張した」と報じた。同氏は「ウクライナ政府は、自国からロシア軍を撃退するために、戦闘戦車を必要としている」と述べた。

 ドイツ日刊紙『南ドイツ新聞』の9月12日付電子版は、「連邦議会国防委員会のツィンマーマン委員長(自由民主党=FDP)も、『ウクライナはこの戦争に勝たなくてはならない。ウクライナにレオパルト2を供与するべき』と語った」と報じた。

 緑の党とFDPは、連立与党の一部で、ホーフライター氏とツィンマーマン氏は、与党内でウクライナへの重火器の供与に最も積極的な政治家だ。野党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)もレオパルト2とマルダーの供与を要求している。

 これに対しショルツ首相と社会民主党(SPD)は、レオパルト2とマルダーの供与に反対している。ドイツの日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』の9月25日付電子版は、「ショルツ首相は、ウクライナへの武器供与についてドイツが独り歩きするべきではないと強調し、米国との協議が必要だと繰り返す。しかし米国は、欧州諸国が独自判断で重火器を供与することに反対していない」と報じ、「首相は欧州でリーダーシップを握ることをためらっている。戦闘戦車の供与がロシアを…

残り688文字(全文1388文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事