テクノロジー

バーチャルが主、リアルが従の複合現実が誕生する 國光宏尚

バーチャル空間での活動時間が長くなる Bloomberg
バーチャル空間での活動時間が長くなる Bloomberg

 スマホ、ソーシャルネットワーク、クラウドがけん引した時代が成熟期を迎え、メタバース、Web3.0、AIの時代がやってくる。>>特集「メタバース&Web3.0のすごい世界」はこちら

さよなら“旧世代”

 メタバースとWeb3.0の世界とはどういうものか。最終的には、現在一般的になりつつある仮想現実(バーチャルリアリティー、VR)や、拡張現実(オーグメンテッドリアリティー、AR)がさらに進化した形、すなわち複合現実(ミックスドリアリティー、MR)と呼ばれる世界になると思っている。

 そこでは現実(リアル)と仮想(バーチャル)が境目なくつながり、ユーザーの用途に応じて交わっていく。例えば、対面での会議は100%リアルなものだが、ゴーグルなどVR端末を装着してVR空間上で会議をしたら、100%バーチャルな会議になる。

 そこで、部屋が殺風景だから、AR端末を装着して、背景をハワイの海の画面にし、人々は同じ部屋にいて対面で会議をしたら、70%リアル、30%バーチャル、の世界といえるだろう。さらに別の部屋にいる人をホログラム(立体映像)で投影して会議をしたら、70%バーチャル、30%リアルといえるかもしれない。こうしたいろいろな利用の仕方が必要に応じて生まれてくる。

若い世代から変わる

 メタバースの実現で重要な考え方は「バーチャル・ファースト」だ。これまでリアルが「主」で、バーチャルが「従」だった。インターネットやIT(情報技術)は、リアルの世界をより便利に効率的に楽しくするためのものとして発展してきた。しかし、バーチャルが「主」で、リアルが「従」の世界が起こりつつある。

 おそらく20年以内に、若者の世界のGDP(国内総生産)は、リアルな世界をバーチャルが超えるだろう。先進国では人々の自由な時間とお金、すなわち可処分時間と可処分所得がほとんど変わらない中で、多くのサービスが可処分時間の奪い合いをしている。そして多くの時間を使うところに多くのお金を使う。

 今の若い世代は、リアルで友人と会うより、LINE(ライン)や動画共有サイトTikTok(ティックトック)、オンラインゲームのフォートナイトなどバーチャルの空間で友人と交流する時間が長くなりつつある。バーチャル上のコミュニティーがコミュニケーションの中心になると、そこでの自らの分身である「アバター」の服や靴などにお金を使うようになる。

 事実、フォートナイトでは「スキン」と呼ばれるコスチュームをアバターに施すが、19年にスキン関連の売上高は42億2100万ドルとなっている。少なくとも若者はリアルよりもバーチャルな世界で多くの時間を使うよ…

残り2028文字(全文3128文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事