国際・政治論壇・論調

独政府がガス・暖房費に補助金12兆円超を用意するも中小企業は不満 熊谷徹

ドイツのガス貯蔵施設(2022年9月、ドイツ北東部バート・ラウフシュテッド) Bloomberg
ドイツのガス貯蔵施設(2022年9月、ドイツ北東部バート・ラウフシュテッド) Bloomberg

 ショルツ独政権の諮問機関・ガス委員会は10月10日、市民・企業のエネルギー費用負担の高騰を防ぐために、来年からガスと地域暖房の料金に上限を設定することを提言した。しかし企業の99%を占める中小企業からは不満の声が上がっている。

 ドイツ日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は次の通り報じた(10月11日付)。「負担抑制策は2段階に分けて行われる。まず政府は、今年12月の家庭と中小企業のガス・地域暖房料金を全額負担する。次に来年3月1日から2024年4月30日まで、家庭・中小企業のガス料金に1キロワット時(発電量換算)当たり12セント(16・8円)、地域暖房料金に9・5セントの上限を設定する。これを超える額は、政府が負担する。家庭と中小企業のガス消費量の約80%が政府補助金により安くなる。年間消費量が150万キロワット時を超える製造業の大口需要家約2万5000社の産業用ガス料金の負担額について、来年1月1日から1キロワット時当たり7セントの上限を設ける」。政府が投じる補助金の総額は、910億ユーロ(12兆7400億円)に達する見通し。

 ドイツ公共放送連盟(ARD)のニュースサイトは10月17日、「これらの措置が実行されると、年間ガス消費量が2万キロワット時の標準世帯の年間負担は1056ユーロ減る。12月料金を政府が負担することで、家庭と中小企業は50億ユーロのガス・地域暖房料金を節約できる」と伝えている。

 同時にガス委員会は、市民に消費量を節約させる効果も狙っている。ロシアのウクライナ侵攻が始まる前には、家庭・中小企業向けのガスの平均価格は1キロワット時当たり約7セン…

残り735文字(全文1435文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事