教養・歴史書評

イタリア史家が最新知見を持ち寄って編んだ一冊 本村凌二

 このたび公刊されたイタリア史研究会編『イタリア史のフロンティア』(昭和堂、3850円)では、多数のイタリア史の専門家がそれぞれの分野で最新の知見を披歴する。

 第Ⅰ部「環境・空間・地域」では、まずイタリアの中世が始まる時期のランゴバルド人について、考古学資料の分析を通して注目する。次に、ポー川デルタ地帯の自然環境に迫り、ポー川につながる多数の河川、運河などが北イタリア諸都市の政治経済にどう関与していたかを浮かび上がらせる。また、アドリア海上にある都市ヴェネツィアが、ラグーナ(潟)によって水環境を保全し、水利行政のなかで重要であったことや、海上法の基礎を作った都市アマルフィの海上商業について述べられる。ヴェネツィア共和国とナポリ王国の関係を例として、南北に分断されがちなイタリア史だが、全土への目配りも大切だと指摘する専門家もいる。

 第Ⅱ部「統治・社会関係・コミュニケーション」では、大都市のみならず近隣の農村地域や領主層、中小都市、点在する小君主勢力などが結びつくネットワークに注目する。まずは諸都市の安定のために同質の政治文化で地域をつなごうとする統治官がいたことが指摘され、トスカーナ地方における都市民が農村住民に行った貸し付けの実態、さらに北イタリアにおける小領主国家の存続に光をあてる。このほか、イタリア諸都市の海外領土におけるコミュニケーションをめぐる議論や、ジェノヴァ商人の交易活…

残り366文字(全文966文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事