教養・歴史アートな時間

「忠臣蔵」を中村芝翫と春風亭小朝で堪能 小玉祥子

舞台 初代国立劇場さよなら公演

歌舞伎&落語 コラボ忠臣蔵

 歌舞伎屈指の人気作品「仮名手本忠臣蔵」の「五、六段目」と関連する落語の両方を上演する「歌舞伎&落語 コラボ忠臣蔵」が「初代国立劇場さよなら公演」として11月の同劇場で上演される。

 歌舞伎と落語は影響を与え合ってきた。落語に素材を得た歌舞伎もあれば、歌舞伎を題材にした落語も多く誕生した。

 今回は最初に春風亭小朝が新作落語「殿中でござる」と古典「中村仲蔵」の二席を口演。続いて中村芝翫(しかん)が早野勘平を演じる「忠臣蔵 五、六段目」が上演される。

残り1117文字(全文1369文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事