【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業

成長の頼りはやっぱり“半導体”

 金利の先高観が一服する中、「長期的な成長シナリオは不変」として半導体株を買い戻す動きが出始めた。

 

 インフレとウクライナ紛争、中国ゼロコロナなどの出口が見えれば、半導体市場はDX(デジタルトランスフォーメーション)とGX(グリーン投資)で23年後半には回復へ向かうだろう。>>記事はこちら

 

 経済産業省はTSMC熊本工場の誘致に成功したが、ここには旧世代の28ナノメートルプロセス生産ラインしか予定されていない。日本半導体再興には最先端技術の獲得が必須であるとして、海外からの技術導入や国策研究所・企業設立の動きが進んでいる。>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事