【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業図解で見る電子デバイスの今

車載やVRに活路を探る液晶パネルメーカー 津村明宏

ティア1サプライヤーのコンチネンタルが提案している車載ピラー・ツー・ピラーディスプレー コンチネンタル提供
ティア1サプライヤーのコンチネンタルが提案している車載ピラー・ツー・ピラーディスプレー コンチネンタル提供

 コロナ特需の反動や世界的なインフレで、液晶ディスプレー市場が低迷している。各社は有機ELへのシフトや成長分野への展開に活路を見いだしている。

液晶メーカーは赤字転落、有機EL専業は過去最高の業績/66

 液晶や有機ELを中心とする電子ディスプレー業界は今、2008~09年のリーマン・ショック以来となる深刻な不況に見舞われている。コロナ禍で巣ごもり需要が拡大し、テレビやパソコン、タブレットが売れに売れた19~20年の反動に加えて、ロシア・ウクライナ戦争に伴う欧州市場の低迷、中国経済の成長停滞、世界的なインフレなどが追い打ちをかけ、需要が急激にしぼみ、大量の在庫を抱えるかたちとなっている。

 主要メーカーの業績も悪化する一方だ。液晶を主力とする台湾の2大パネルメーカーであるAUO(友達光電)とイノラックス(群創光電)は、ともに21年4~6月期から営業赤字に転落。直近の22年7~9月期は、両社ともに前年同期に比べて売上高が半減し、100億台湾ドル(約460億円)以上の営業赤字に陥った。昨夏から始まった液晶パネルの価格下落がいまだ止まらず、大半のサイズで原価割れに陥っているのが主因だ。在…

残り1967文字(全文2462文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事