国際・政治ワールドウオッチ

名実ともに李在鎔氏がサムスングループ総帥に 嚴在漢

国会で発言する李氏 筆者撮影
国会で発言する李氏 筆者撮影

 李在鎔(イジェヨン)サムスン電子副会長(54歳)は、このほど開かれた理事会で代表取締役会長に昇格した。年商300兆ウォン(約31兆円)のサムスン電子と59社の系列会社を率いるサムスングループの総帥となった。国内外で従業員30万人を有するサムスン電子は韓国大黒柱産業のメモリー半導体市場のトップシェアを数十年間堅持している。

 李氏は、2年前に他界した李健熙(イゴンヒ)会長の病中の2018年、韓国公正取引委員会からサムスングループの一人として指定され、事実上、総帥の役割を担ってきた。理事会は李氏の会長昇格の議決理由について「迅速かつ果敢な経営判断のため」としている。つまりは、強力なトップダウン経営で、さらなる一流企業への飛躍が求められているということだ。権限が大きくなると同時に責任も膨大になる。

残り228文字(全文578文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事