【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

サラリーマンが歓迎した「中年教養文化」としての司馬遼太郎 井上寿一

 司馬遼太郎は存命ならば今年99歳、来年、生誕100年を迎える。没後四半世紀を経ても読み継がれている。「国民作家」と呼ぶにふさわしい。きわめて多くの読者のなかで特徴的なのは、企業のトップの「私の愛読書」や座右の書に必ずといっていいほど司馬の作品が入っていることである。なぜビジネスマンの愛読者が多いのか。この疑問に答えるのが福間良明『司馬遼太郎の時代』(中公新書、990円)である。

 本書は司馬の作品を「二流」「傍流」と位置づける。文芸評論家や歴史研究者が積極的に評価することはなかった。司馬自身の経歴が「二流」「傍流」だった。そのような経歴、なかでも戦車兵としての過酷な体験をとおして作られた「一流」「正統」へのいら立ちに突き動かされて作品が生まれる過程は、本書の大きな読みどころの一つである。

 ここに司馬の作品が多くのビジネスマンに受容されたことを理解する鍵を見いだすことができる。サラリーマン読者が司馬に求めたのは、「正統」な文学や歴史学の作品ではなく、「歴史という教養」をとおした、「組織人としての生き方」だった。

 読者の関心は勢い「明るい明治」に向かう。「明るい明治」を描こうとする司馬の「…

残り442文字(全文942文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事