経済・企業特集

大図解・世界経済&マーケット データで分かる!3 危険な新興国通貨 史上最安値更新のトルコ・リラ=武田淳

    主な新興国通貨の推移
    主な新興国通貨の推移

    史上最安値更新のトルコ・リラ 世界経済不安定化の震源に

     トルコの通貨リラが急落し、世界を揺るがせている。リラは年初の1ドル=3・8リラ前後から8月13日に一時7リラ前半まで下落(図)。史上最安値を更新し、年初からの下落率は45%を超えた。

     きっかけは米国との関係悪化だ。拘束中の米国人牧師の返還要求に応じないトルコ政府に対して、米国は一部閣僚の資産凍結や鉄鋼・アルミの関税倍増などの制裁措置を発動した。その後、トルコ政府・中銀の対応策やカタールの支援表明によりひとまず通貨リラは下げ止まっているものの、通貨下落の根底にあるファンダメンタルズ(基礎的諸条件)は悪化したままだ。

    残り1588文字(全文1875文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット