経済・企業特集

大図解・世界経済&マーケット データで分かる!4 日銀の株式「爆買い」 ETFの8割弱も保有=市川雅浩

    日本銀行(Bloomberg)
    日本銀行(Bloomberg)

     日本銀行が上場投資信託(ETF)の買い入れを2010年12月に開始してから7年9カ月。日経平均株価に連動するETF、TOPIX連動型ETF、JPX日経インデックス400連動型ETFの累計買い入れ額は20・4兆円(8月3日時点、図1)に上り、時価総額は25・9兆円(推定)まで積み上がった。

     東証が発表する上場株式の時価総額は約677・6兆円(7月末時点)、そのうち日銀の保有比率は約3・8%にとどまる。しかし、ETF市場での日銀の存在感は大きい。投資信託協会が発表する株式追加型ETFの純資産残高は、18年6月末時点で約34・2兆円で、日銀の保有比率は75・7%。実にETFの8割弱を日銀が持っていることになる。

     日銀はETF購入の理由を「リスクプレミアム」(投資家が株式投資に対して考えるリスクの大きさ)の縮小を促すため、と説明している。日銀が株式を買い支え、市場の不確実性を低くすることで、株式市場にマネ…

    残り608文字(全文1013文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット