経済・企業特集

会社を買う売る継ぐ 350万円で買ったレストラン 買う時は「売ることを前提」に=黒崎亜弓

    斉藤健一郎さん
    斉藤健一郎さん

     斉藤健一郎さんが、2年の会社員生活を経て、350万円で兵庫県西宮市のカフェレストランを買ったのは2007年。サラリーマン家庭に育った斉藤さんだが、社長になることは漠然と思い描いていたという。結婚を機に飲食業勤務から会社勤めの営業マンとなり、離婚後、かつて働いていた店のオーナー経営者が引き継いでくれる人を探していると耳にし、手を挙げた。

     購入価格の350万円は言い値。月10万円の分割払いを約束し、当初の2カ月は、昼は会社勤め、夕方以降は店に立った。オーナーが譲るつもりでいるなか、スタッフのモチベーションは下がっていた。斉藤さんはスタッフのやる気を引き出すと同時に、営業時間を夜のみからランチと朝5時までに拡大。売り上げは2倍に伸びた。

    残り541文字(全文861文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット