教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 未来国家のモデルとして「偉大なる小国」に学ぶ=本村凌二

     江戸幕府の鎖国体制で唯一通商を認められたオランダなのに、幕末・維新期の欧米列強の進出と共に日本人には影が薄くなってしまった。なんとなく過去の国という印象があり、長崎、出島、シーボルト、蘭学などの言葉が拭い去れないからだ。

     だが、ペーター・J・リートベルゲン『オランダ小史 先史時代から今日まで』(肥塚隆訳、かまくら春秋社、2500円)は、コンパクトながら、先史時代から今日にいたる国土とそこに生きる人々の姿を簡潔に伝え、われわれのオランダ観を変える歴史書の力がある。

     オランダには巨石文化もあり、ローマ帝国にも支配され、ゲルマン系フランク人が移住し、キリスト教も普及した。この地域はいくども分割・再編がくりかえされ、やがてプロテスタント勢力としてカトリック支配からの独立をめざす。この動きのなかで、1584年、指導者オラニエ公ウィレムが狂信的なカトリック信者に暗殺された。彼は今もオランダでは「偉人」投票の最上位にある。

    残り488文字(全文899文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット