教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 未来国家のモデルとして「偉大なる小国」に学ぶ=本村凌二

     江戸幕府の鎖国体制で唯一通商を認められたオランダなのに、幕末・維新期の欧米列強の進出と共に日本人には影が薄くなってしまった。なんとなく過去の国という印象があり、長崎、出島、シーボルト、蘭学などの言葉が拭い去れないからだ。

     だが、ペーター・J・リートベルゲン『オランダ小史 先史時代から今日まで』(肥塚隆訳、かまくら春秋社、2500円)は、コンパクトながら、先史時代から今日にいたる国土とそこに生きる人々の姿を簡潔に伝え、われわれのオランダ観を変える歴史書の力がある。

     オランダには巨石文化もあり、ローマ帝国にも支配され、ゲルマン系フランク人が移住し、キリスト教も普及…

    残り615文字(全文899文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット