教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 今日の米社会に与えるニーチェ思想の影響=本村凌二

    「神は死んだ」とはニーチェの名高いせりふである。なるほど『ツァラトゥストラかく語りき』や『権力への意志』は圧倒的な力でみずから「神」たらんとする男の意欲を印象づける。20世紀前半のドイツでは、ニーチェをどう受けとめるかで各人の運命が分かれるほどだった。

     これに先立つこと400年前に、キリスト教の信仰にもとづかない思索を深め、「近代哲学」を打ち立てたのがマキァヴェッリである、とレオ・シュトラウスは主張する(『哲学者マキァヴェッリについて』)。シュトラウスはユダヤ人であったが、本来は反自由主議・反民主主義に共感する思想家であったという。

     さらに、このシュトラウス門下の筆頭格であったのが、30年ほど前、『アメリカン・マインドの終焉(しゅうえん)』で一世を風靡(ふうび)したアラン・ブルームである。それ以前に、彼をシカゴ大学に採用するにあたって、シュトラウスの狂信者であることから反感も強かった。とりわけ、当時、英語圏最高の知識人と見なされていたノーベル賞作家ソール・ベローは危惧を感じていたらしい。

    残り458文字(全文908文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット