教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 至宝はなぜ流出したか 裏面を語る異色の美術史=今谷明

     酷暑の中、書店へ押して出かけてみると、歴史書は大変多く、選定にいささか苦労した。しかし戦国大名ものなど類書がいくつかあり、ちょっと興ざめな点もなくはなかった。 その中で、専門家の作ではないが、めっぽう面白かったのが、中野明著『流出した日本美術の至宝 なぜ国宝級の作品が海を渡ったのか』(筑摩選書、1700円)である。

     1159年、平家一門の熊野詣での隙(すき)を狙って、源頼朝の軍兵が三条殿を焼き打ちする猛火の場面を描く「平治物語絵巻」は、教科書等に掲載されていて誰でも知っている。しかもその逸品が日本でなく、アメリカのボストン美術館の所蔵と知って、多くの人が奇異の感に打たれたことであろう。

    残り599文字(全文896文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット