経済・企業特集

商社 商社セブン 住友商事 ここに注目! 自動車サービス “フェロモン”放つ事業基盤=加藤真一

    フォーアールエナジーの電池 住友商事提供
    フォーアールエナジーの電池 住友商事提供

     住友商事の自動車事業は、国内自動車リース「住友三井オートサービス」、米国の自動車修理・タイヤ販売事業「TBC・MIDAS(マイダス)」、インドネシアの自動車金融「OTO(オト)」、の三つの事業基盤を持つ。これらには、三つの共通点がある。(1)それぞれの地での全国レベルの拠点網を持つ、(2)リピーターの顧客がいる、(3)異業種を「一緒にビジネスをしたい」と引きつける“フェロモン”がある──ことだ。

     住友三井オートサービスのリース車両保有台数は80万台で日本最大だ。TBCは、欧州大手のミシュランと提携しており、全米最大の販売拠点数を持つ。これらの事業基盤は、統計上有効なサンプル数を必要とする新興のテクノロジー企業にとって、実証実験の場として魅力的なフェロモンと言えるだろう。当社の事業基盤を開放して技術開発に活用してもらう一方、当社はその技術を活用して「モビリティー・サービス」を作り出していき…

    残り1099文字(全文1499文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事