教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 『老子』は日本史の伏流水 画期的視座を提出=加藤徹

    『現代語訳 老子』 保立道久著
    『現代語訳 老子』 保立道久著

    古代中国の思想書『老子』は、漢文の原文でわずか5000字程度の短い古典である。入門者向けのミニマムな訳解書なら、薄い文庫本1冊でおさまる。表現は簡素だが、無為自然の道を説く言葉は含蓄に富む。孔子の『論語』と並び、世界で最もよく読まれている中国古典だ。

     世の『老子』関連本は、漢文の専門家による訳解書か、『老子』をだしに処世術や人生論を説く啓蒙(けいもう)書が多い。保立道久『現代語訳 老子』(ちくま新書、1100円)は、そのどちらでもない異色の本だ。

     著者は東京大学名誉教授で日本史の専門家。近年は地震火山神話から歴史地震噴火論への研究に力を注いでい…

    残り648文字(全文923文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月28日号

    自動車革命で伸びる会社16 次の10年で決まる 新市場の勝者と敗者 ■大堀 達也/村田 晋一郎20 EV・自動運転で勝つ半導体 INTERVIEW デンソー 川原伸章 デンソー先端技術研究所長/エグゼクティブフェロー 「トヨタと相乗効果出す」21                    NVIDIA [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット