教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 『老子』は日本史の伏流水 画期的視座を提出=加藤徹

    『現代語訳 老子』 保立道久著
    『現代語訳 老子』 保立道久著

    古代中国の思想書『老子』は、漢文の原文でわずか5000字程度の短い古典である。入門者向けのミニマムな訳解書なら、薄い文庫本1冊でおさまる。表現は簡素だが、無為自然の道を説く言葉は含蓄に富む。孔子の『論語』と並び、世界で最もよく読まれている中国古典だ。

     世の『老子』関連本は、漢文の専門家による訳解書か、『老子』をだしに処世術や人生論を説く啓蒙(けいもう)書が多い。保立道久『現代語訳 老子』(ちくま新書、1100円)は、そのどちらでもない異色の本だ。

     著者は東京大学名誉教授で日本史の専門家。近年は地震火山神話から歴史地震噴火論への研究に力を注いでいる。そんな著者がなぜ『老子』の本を書いたのか? 『老子』の思想が伏流水のように日本史に影響を与え続けてきたからだ。

    残り591文字(全文923文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット