国際・政治グローバルマネー

英国のEU離脱、政治も公徳心で議論を

英国の欧州連合(EU)からの脱退(ブレグジット)を巡る交渉は混迷している(Bloomberg)
英国の欧州連合(EU)からの脱退(ブレグジット)を巡る交渉は混迷している(Bloomberg)

 英国の欧州連合(EU)からの脱退(ブレグジット)を巡るEUとの交渉は混迷しており、先行きは全く見通せない。

 英国のメイ政権は、脱退後もEUとの関税同盟に属するか、あるいは外部の国として自由貿易協定を結ぶかの二者択一の決断を先延ばしにしてきた。7月になってようやく、財の貿易のみをカバーする自由貿易圏といういわば第三の道を目指す方向を明示した。

 ところが、この苦渋の案は、9月19~20日にオーストリア・ザルツブルクで行われた非公式首脳会議で、「良いとこどり」と批判されて頓挫してしまった。交渉は継続するだろうが、このままでは、上述の二者択一に戻る公算が高い。

残り821文字(全文1101文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事