経済・企業特集

日米自動車摩擦 禁じ手「輸出枠」復活の悪夢=河村靖史 偽りの世界好景気 関税道具に2国間協定迫る米国

    米国は日本車の最大の輸出先(Bloomberg)
    米国は日本車の最大の輸出先(Bloomberg)

    「(貿易)協議中は、米国通商拡大法232条に基づく輸入車への追加関税措置が発動されない状況となったことを歓迎する」

     日本自動車工業会は9月26日の日米首脳会談後、豊田章男会長のコメントを発表した。

    通商問題の「本丸」

     米国トランプ政権による輸入車に対する関税引き上げという脅しが効いて、日本政府は農産品を含む関税に関する2国間交渉入りを受け入れざるを得なかった。日系自動車各社は当面、輸入車関税引き上げが回避されたことに胸をなで下ろす。

     ただ、2国間交渉が難航すれば、米国は日本に対して自動車輸出枠の設定を求める可能性が高く「先行き楽観はできない」(日系自動車メーカー首脳)のが現状だ。

    残り2337文字(全文2629文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事