国際・政治闘論席

古賀茂明の闘論席 日米共同声明のポイント

     9月26日の日米首脳会談後に発表された日米共同声明。日本側が、正式文書には存在しない物品貿易協定(TAG)という言葉を勝手に作り上げたことが問題になっている。米側は、それを問題視していないが、その理由は二つあると考えられる。

     一つは安倍晋三首相とトランプ大統領の間に「選挙互助会」ともいうべき関係があることだ。日本が事実上、自由貿易協定(FTA)交渉を受け入れ、トランプ氏に中間選挙向けの宣伝材料を与える。代わりに、日本側には、来夏の参議院選挙まで、FTAではなくTAGだと言って泳ぐ余地を与えるという取引があるのだろう。

     もう一つの理由は、日本が何を言おうと、唯一の正式文書である英語の共同声明の内容が、圧倒的に米側に有利だという余裕が米側にあるからだ。

    残り475文字(全文804文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事