教養・歴史闘論席

池谷裕二の闘論席 人は何をどこまで理解できているのか

    「なぜ重要な遺伝子が無視されるか」
    「なぜ重要な遺伝子が無視されるか」

     人は何をどこまできちんと理解できているのか──。そんな疑問を抱かせる論文が発表された。米ノースウェスタン大学のステジャー博士らが9月に発表した遺伝子に関する研究だ。

    連載一覧

     生命の理解はこの100年で一気に進んだ。たんぱく質やDNAといった光学顕微鏡では見えないミクロの分子を扱う実験技術が躍進したからだ。その結果、多くの生命現象が分子レベルで詳細に記述されるようになった。

     現代生物学の教科書にはさまざまな分子が登場する。ミクロなパーツが複雑に絡み合い、精密機械のように精緻に作動する生命現象に誰しも驚かされるだろう。そして、研究者たちはこう感じた。「ずいぶんと理解が進んだものだ」

    残り567文字(全文860文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事