教養・歴史闘論席

片山杜秀の闘論席 政府の「見えざる手」

     東京オリンピックは2020年の開催。その5年後の25年の万国博覧会開催都市には大阪が立候補している。それから札幌が、26年の冬季オリンピックに意欲を示していたが、9月6日の大地震の影響から、目標を30年に切り替えるという。

    「闘論席」一覧

     オリンピックも万国博覧会も、立候補して開催する主体は都市である。しかし、東京オリンピック招致活動での安倍首相の活躍に端的に示されるように、招致と開催における中央政府の役割は大きい。20年と25年と30年という5年ごとの絶妙な並びには、政府の「見えざる手」が働いていないとも言えない。

     何しろこの並びは、不思議なことに高度経済成長期の日本の美しい記憶をなぞろうとしている。1964年の東京オリンピック、70年の大阪万博、72年の札幌オリンピックである。8年の幅での出来事を、今度は10年の幅で繰り返そうというのだ。

    残り425文字(全文801文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事