教養・歴史闘論席

「日本国」をつくったのは女性天皇だ=小林よしのり(漫画家)

    代表撮影
    代表撮影

     日本に「天皇」号が誕生したのは、6世紀末の推古天皇の時。隋の煬帝(ようだい)に宛てた国書に「東の天皇謹みて西の皇帝に白(もう)す」と書いたのが最初である。

     それまでは天皇ではなく「王」だった。王とは支那(中国)の皇帝の家来であり、王を戴(いただ)く国は支那王朝の属国を意味していた。

    「天皇」は皇帝と同格で、「王」を拒否して国の自主独立を宣言する称号だったのである。

     これと対照的に、朝鮮では19世紀末に李朝が終焉(しゅうえん)するまで一貫して「王」を名乗り、支那王朝の属国であり続けた。それが悔しいから、韓国のメディアは今でも天皇を「日王」と表記するのである。

     歴史的事実からいえば天皇は神武天皇に始まるのではなく、女帝・推古天皇に始まる。

     そして「天皇」の称号と「日本」の国号を「飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)」で正式に法制化したのは持統天皇で、これも女帝である。

     わしは、初代天皇は推古天皇だと教えるべきだと思っている。神武天皇を初代天皇とするのは、神話・伝説の類いである。

     神話・伝説も、それはそれで尊重すべきだが、神武天皇を初代天皇とするならば、その存在は神話と直結しており、皇祖神である天照大神までさかのぼらなければならない。そして、もちろん天照大神は女神である。

     保守を自称する者たちがよく「天皇は神武天皇以来、一貫して男系」と言うが、これは完全におかしい。

     歴史的に見れば天皇は女帝に始まっているし、神話・伝説から見ても、神武天皇のルーツは女神で、女系なのである。

     女帝が排除されたのは、明治以降のことにすぎない。日本を本来の姿に戻すためにも、皇室典範を改正し、女性が天皇になれるようにすべきなのである。

    (小林よしのり・漫画家)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事