教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第17話 唐津からっぽ=板谷敏彦

    (前号まで) 赴任した唐津の洋学部が放火によって焼失、再建に奔走する是清は優秀な生徒と外国人の接点を作るなど、画期的な英語教育を試みるが、酒びたりの日々をやめられない。

     明治5(1872)年、年末年始を酒びたりで過ごした是清は、始業式翌日、1月8日に喀血(かっけつ)した。この時代、血を吐けば不治の病が通り相場だが、この男の場合、原因は酒の飲み過ぎなので、学校の2階の居室で1週間も寝込むと回復した。

     是清が起き上がって階下へ下りると、小参事や教員たちが性懲りもなく鳥鍋を囲んで一杯やっている。

    残り2573文字(全文2820文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月1日号

    キャッシュレス大混乱16 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害 ■村田 晋一郎/加藤 結花19 増税に間に合わない! ポイント還元店舗は全体の3割 ■村田 晋一郎20 賢く選ぶポイント還元 中小は5%、コンビニ大手が独自還元も ■風呂内 亜矢22 キャッシュレスの勝者 スマホ決済は「 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット