教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第15話 唐津城下=板谷敏彦

    (前号まで)芸妓桝吉に入れあげ自堕落な生活を送る是清に、唐津藩が創設する英語学校教師の口が舞い込んだ。月給100円という好条件にあらがえず、是清は桝吉に養祖母の面倒を委ね唐津へ向かう。

     明治4(1871)年7月14日、是清が唐津に到着する少し前、東京では在京の知藩事が皇居に招集されて、廃藩置県の詔書が下された。

     領地を召し上げるなど、封建藩主の抵抗があってもよさそうなものだが、どの藩も財政に苦しみ、むしろ重荷…

    残り2552文字(全文2758文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット