教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第12話 三人組=板谷敏彦

    芸者遊びの衝撃
    芸者遊びの衝撃

     明治3年12月4日(1871年1月24日)、米国弁務公使に任命された森有礼(ありのり)が日本を発った翌日のことである。是清はいまだ16歳。

    「高橋先生、来客でございます」

     グイド・フルベッキ邸の門番が部屋に名刺を届けにきた。是清はフルベッキ邸の書生であるが、大学南校で語学を教える立場でもある。名刺は大学南校の生徒3人のものだった。うち2人の姓は本多、福井藩家中の名門である。

    「先生には、お願いの儀あって、参上いたしました」

    残り2518文字(全文2730文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月28日号

    自動車革命で伸びる会社16 次の10年で決まる 新市場の勝者と敗者 ■大堀 達也/村田 晋一郎20 EV・自動運転で勝つ半導体 INTERVIEW デンソー 川原伸章 デンソー先端技術研究所長/エグゼクティブフェロー 「トヨタと相乗効果出す」21                    NVIDIA [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット