教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第13話 箱屋是清=板谷敏彦

    (前号まで:将来を嘱望される是清は森有礼の計らいでフルベッキの書生となり、大学南校で語学を教える高給取りになった。しかし初めての料亭体験に衝撃を受け、たちまち芸者遊びにのめりこむ。)

     是清はフルベッキ邸を出て、本銀町(ほんしろがねちょう)にあった古着商福井数右衛門の奥座敷に居を移した。

     その頃仲良くなったのが、長崎で修行し大学南校にいた越前福井藩士山岡次郎である。山岡は明治4(1871)年4月、ちょうど是清が数右衛門の家に引っ越したすぐ後に、福井藩推薦留学生として米国へと旅だつことになっていた。

     そのため、是清は送別会と称して飲みに出る材料にはこと欠かず、数右衛門の斡旋(あっせん)で夜な夜な柳…

    残り2514文字(全文2814文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット