教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第16話 耐恒寮=板谷敏彦

    (前号まで) 英語教師として唐津に招かれた是清は、酒豪ぶりで評判になるものの、赴任先の洋学部が焼失、東京に残してきた愛人の芸妓桝吉との関係も終わり、前途多難である。

     火事で焼けた洋学部は、二の丸にあった元藩主の御殿に移され耐恒寮と名付けられ、是清はそこに住み込んだ。

     攘夷派の嫉妬を買って放火されるほど洋学部には人気があったのだろう。これを機に、生徒を50名から250名へと増やすことになったが、藩の負担も大きい。

     そこで是清は、給料100円のうち40円を返上して学校の運営費に回してもらうことにした。ちょうど牧田…

    残り2509文字(全文2766文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット