マーケット・金融グラフの声を聞く

最高値から8割も下落した欧州銀株=市岡繁男

     今年10月からの世界的株安のなかで、目立って下げているのは銀行株だ。1月高値からの銀行株下落率は米国が14%、日本が18%、そして欧州が30%だ(図1)。下落が加速したのは米長期金利が9月下旬に3%を超えてから。利ざやを圧迫する長短金利差の縮小は8月下旬で収まり、これまでなら銀行株が買われる局面だ。投資家は、長期金利が5月の水準を抜いたのを見て、金利上昇で収益改善というプラス思考から、保有債券の損失拡大という現実に立ち返ったのである。実際、いま大手米銀の保有証券含み損率は純資産の3%に達している。これは2000年のITバブル崩壊、08年のリーマン・ショック直前と並ぶ水準だ。

    残り503文字(全文794文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事