マーケット・金融グラフの声を聞く

最高値から8割も下落した欧州銀株=市岡繁男

 今年10月からの世界的株安のなかで、目立って下げているのは銀行株だ。1月高値からの銀行株下落率は米国が14%、日本が18%、そして欧州が30%だ(図1)。下落が加速したのは米長期金利が9月下旬に3%を超えてから。利ざやを圧迫する長短金利差の縮小は8月下旬で収まり、これまでなら銀行株が買われる局面だ。投資家は、長期金利が5月の水準を抜いたのを見て、金利上昇で収益改善というプラス思考から、保有債券の損失拡大という現実に立ち返ったのである。実際、いま大手米銀の保有証券含み損率は純資産の3%に達している。これは2000年のITバブル崩壊、08年のリーマン・ショック直前と並ぶ水準だ。

残り503文字(全文794文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事