教養・歴史Book Review

『地域発イノベーションの育て方 リソースから紡ぎ出す新規事業』 評者・後藤康雄

    著者 徳久悟(山口大学准教授) NTT出版 2500円

    著者自身が蒸留酒を開発 地域資源の活用手順詳述

     地方に出張する機会が多く、そのたび日本の食文化の豊かさに感動している。地域ならではの名産品は他ではなかなか味わえず、ありがたみはひとしおである。本書は、地域ならではのリソース(資源)から新事業を生み出す「地域発イノベーション」の指南書である。

     そもそもイノベーションとは古くて新しいテーマだが、主導する要因を「必要性(ニーズ)」と「技術的な種(シーズ)」に分けて整理することが多い。事業者サイドの種から始まるという点で地域発イノベーションはシーズ型に近いといえる。しかし、種といっても卓越した研究者の画期的な発明・発見と、地域のリソースでは性格が大きく異なる。筆者は地域リソースに基づくものを「リソース・ドリブン・イノベーション」と名付け、そ…

    残り784文字(全文1156文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事