教養・歴史Book Review

『日本企業の採用革新』 評者・加護野忠男

    『日本企業の採用革新』 著者:服部泰宏(神戸大学大学院准教授)矢寺顕行(大阪産業大学准教授)
    『日本企業の採用革新』 著者:服部泰宏(神戸大学大学院准教授)矢寺顕行(大阪産業大学准教授)

    著者 服部泰宏(神戸大学大学院准教授)  矢寺顕行(大阪産業大学准教授)  中央経済社 3000円

    日本的慣行は変わるか? 先導事例とデータで展望

     本書は、2人の若い経営学者による調査をもとにした研究書である。取り上げられているのは日本企業にとって極めて重要な問題だ。

     日本企業は、働く人々の共同体という性質を持っている。その性質を決める重要なファクターは入り口の採用基準である。

     日本の企業は米国とは明らかに違う採用の仕方をしている。米国企業は職務(ジョブ)に空席が生じたときにそのジョブを埋める人を採用するのに対して、日本では毎年の一定の時期になると、新卒をまとめて採用するという慣行がある。新卒一括採用と呼ばれるこの制度がいつごろから始まったのかは定かでないが、これまで大きく変わることなく続いてきた。

    残り791文字(全文1144文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事