教養・歴史Book Review

『中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年』 評者・池尾和人

    著者 白川方明(青山学院大学特別招聘教授) 東洋経済新報社 4500円

    総裁自ら回顧・思考する セントラルバンクの使命

     本書は、白川方明・前日本銀行総裁による中央銀行とその業務をめぐる思索の結果をとりまとめたものである。この思索は、著者の中央銀行員・総裁としてのさまざまな経験を踏まえたものである。それゆえ、回顧録という要素を含まないわけではないが、内容の中心は中央銀行の使命とその業務の意義についての真摯(しんし)で多面的な考察からなっている。

     内容は、大きく3部から構成されている。第1部「日本銀行でのキャリア形成期」は、著者が1972年に日銀に入行して以降、総裁就任前までの時期をとりあげている。この時期には、バブルの生成と崩壊があり、その後に不良債権問題と経済低迷の長期化が続いた。

    残り856文字(全文1200文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事