教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第20話 デビッド・マレー=板谷敏彦

    (前号まで)

     森有礼の計らいで文部省に入りデビッド・マレーの通訳となった是清は、征韓論をめぐり政局が混乱する中、同じ長屋に住む東京日日新聞の末松謙澄と酒を飲み、議論する日々を過ごしている。

     是清の記憶では、当時の文部省は西郷従道(じゅうどう)の管轄だった。文部大輔(たいふ)には田中不二麿(ふじまろ)がついていた。大輔は現代の次官に相当する。田中は明治の高官にしては珍しく徳川御三家の尾張藩出身の尊皇攘夷の人で、やがて子爵にまで上りつめる。連載一覧

    残り2737文字(全文2961文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事