教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第21話 一条十次郎のこと=板谷敏彦

    絵 菊池倫之
    絵 菊池倫之

    (前号まで)デビッド・マレーの通訳となった是清は、政府首脳や上流階級に着々と人脈を築き始める。お雇い外国人を招いて開かれた西郷従道の晩餐会、伊藤博文家での宴席など華やかな日々が続く。

     明治8(1875)年10月10日、是清が2年間にわたって通訳として仕えていたデビッド・マレーが、翌年5月から始まるフィラデルフィア万国博覧会の準備にむけて米国に出張することになった。それに伴い、手が空いた是清には文部省から大阪外国語学校(旧制第三高校〈現在の京都大学〉の前身)校長の辞令が出された。

     日本政府は外貨を獲得すべく、輸出振興に力を入れようとしていた。フィラデルフィア万国博覧会は願ってもない好機である。この万博はちょうどアメリカ合衆国建国100周年記念に当たり、35カ国が参加する盛大な催しになった。

    残り2576文字(全文2924文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事