教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第22話=板谷敏彦

    (挿絵・菊池倫之)
    (挿絵・菊池倫之)

    (前号まで)

     デビッド・マレーに仕えた後、大阪外国語学校校長の辞令が出され、出世の階段を上る是清。しかし引きこもり生活を続ける留学時代の恩人一条十次郎のために校長職を投げうってしまう。

    第22話 サムライの終焉

     明治9(1876)年5月、「世捨て人」の一条十次郎のもとを離れた是清が、いわば現実の世界へと戻り東京英語学校に職を得た頃、日本は維新以来のひとつの大きな節目を迎えようとしていた。

     同年3月28日、廃刀令が布告されたのである。思えば明治2年に公議所で森有礼(ありのり)が廃刀論を提唱し、各藩代表の議員たちの激しい抵抗によって退職を余儀なくされたことがあった。ところが、その後発せられた徴兵令によって「国民皆兵」となり、旧士族に言わせれば百姓からも兵が集められることになった。また街には巡査が登場し、個々人の刀による倒敵護身の必要もなくなった。

    残り2500文字(全文2875文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事