教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第22話=板谷敏彦

    (挿絵・菊池倫之)
    (挿絵・菊池倫之)

    (前号まで)

     デビッド・マレーに仕えた後、大阪外国語学校校長の辞令が出され、出世の階段を上る是清。しかし引きこもり生活を続ける留学時代の恩人一条十次郎のために校長職を投げうってしまう。

    第22話 サムライの終焉

     明治9(1876)年5月、「世捨て人」の一条十次郎のもとを離れた是清が、いわば現実の世界へと戻り東京英語学校に職を得た頃、日本は維新以来のひとつの大きな節目を迎えようとしていた。

     同年3月28日、廃刀令が布告されたのである。思えば明治2年に公議所で森有礼(ありのり)が廃刀論を提…

    残り2631文字(全文2875文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月18日号

    税務調査が狙っている20 動き出した「富裕層チーム」 態勢強化で調査件数は大幅増 ■下桐 実雅子22 強化進む国際課税 海外口座情報55万件は国税庁の「宝の山」■高鳥 拓也/田邊 政行26 増税目前の消費税 不正還付へ対応強化 軽減税率で調査も混乱? ■桐山 友一27 「金取引」の抜け穴 不動産投資 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット