週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席 都市型原発の再稼動と原賠法改正

    撮影 丸山博
    撮影 丸山博

     11月7日、原子力規制委員会は、日本原子力発電東海第2原発の運転延長を認めた。東海第2は、大災害を起こした福島第1と同じ沸騰水型で、ほぼ40年経過した非常に古い原発である。また、東日本大震災で津波被害に遭った原発であること、そして何よりも30キロ圏内に96万人もの人口があることなどから、常識的には、再稼働できない原発だ。しかし、規制委は、再稼働のために突貫工事で審査し、期限切れ直前にゴーサインを出した。安全より原発再稼働優先の姿勢だ。

     本来は、このような人口密集地帯にある都市型原発の再稼働を認める前に、避難計画の専門的な審査が行われ…

    残り515文字(全文785文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット