週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席 都市型原発の再稼動と原賠法改正

    撮影 丸山博
    撮影 丸山博

     11月7日、原子力規制委員会は、日本原子力発電東海第2原発の運転延長を認めた。東海第2は、大災害を起こした福島第1と同じ沸騰水型で、ほぼ40年経過した非常に古い原発である。また、東日本大震災で津波被害に遭った原発であること、そして何よりも30キロ圏内に96万人もの人口があることなどから、常識的には、再稼働できない原発だ。しかし、規制委は、再稼働のために突貫工事で審査し、期限切れ直前にゴーサインを出した。安全より原発再稼働優先の姿勢だ。

     本来は、このような人口密集地帯にある都市型原発の再稼働を認める前に、避難計画の専門的な審査が行われ…

    残り515文字(全文785文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット