国際・政治東奔政走

外国人材拡大「移民政策ではない」 人手不足対策に矮小化する政権=前田浩智

    参院予算委員会で、入管法改正案に関する立憲民主党の蓮舫参院幹事長の質問を聞く安倍晋三首相(左)と麻生太郎副総理兼財務相(11月5日)
    参院予算委員会で、入管法改正案に関する立憲民主党の蓮舫参院幹事長の質問を聞く安倍晋三首相(左)と麻生太郎副総理兼財務相(11月5日)

     第197臨時国会は、12月10日までの会期を延長することが避けられない見通しになっている。最大の焦点である「出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案」の審議日程が与党側の予定よりも大きく遅れているためだ。

     とにかく人手不足が深刻なので、外国人に来てもらうようにする▽いわゆる移民にはあたらない▽スタートは来年4月──。入管法改正に対する政府の説明は、こういう話以上に深まっているとは言えない。

    残り2311文字(全文2508文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット