教養・歴史Book Review

『沖縄報道 日本のジャーナリズムの現在』 評者・新藤宗幸

    『沖縄報道 日本のジャーナリズムの現在』 著者:山田健太(専修大学教授)
    『沖縄報道 日本のジャーナリズムの現在』 著者:山田健太(専修大学教授)

    著者 山田健太(専修大学教授) ちくま新書 900円

    「沖縄ヘイト」に見るジャーナリズムの危機

    「フェイクニュースだ」が、権力者の口から発せられる。そして「オルタナティブ・ファクト」が「真実」であるかのように流布する。これは外国のことではない。「沖縄報道」をめぐる議論に際立つ。本書は、新聞を主たる題材として、ジャーナリズムの姿勢を厳しく問うものである。

     沖縄には地元紙としてシェアが拮抗(きっこう)する『琉球新報』と『沖縄タイムス』がある。日本の新聞は全国紙、地方紙(県紙)、地域紙の3層構造をとるが、沖縄での全国紙のシェアはきわめて小さい。地域紙は宮古・八重山諸島に存在するが、沖縄報道をめぐる議論の主たる対象は右の2紙の報道である。2紙はアメリカ軍政下の1945年と48年に生まれ、言論の自由を追求し、今日に至る。

    残り847文字(全文1205文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事