週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

論壇・論調 独与党の新党首危ういスタート 保守派有権者の信頼回復なるか=坂東賢治

    CDUは分断された党と評された Bloomberg
    CDUは分断された党と評された Bloomberg

     ドイツのキリスト教民主同盟(CDU)は、2018年12月の党大会で、メルケル首相に近いA・クランプカレンバウアー幹事長を党首に選んだ。だがクランプカレンバウアー氏の得票率は51・8%と同党首選で最低。論壇の反応も真っ二つに分かれた。

     メルケル政権に好意的なドイツの公共放送局ARDのW・ベルンゼン記者は12月7日に「CDUは、党を大きく変えるような実験を好まない。その意味でクランプカレンバウアー氏の党首就任は、当然の結果だ。代議員たちは変化を求めたが、メルケル路線との完全な決別は望まなかった。この投票結果は理性的な判断に基づくものであり、新党首は急激な路線変更を行わないだろう」と論評した。

     リベラルな読者が多いドイツの週刊新聞『ツァイト』のJ・ハンゼル記者は12月8日の電子版で「CDUで初めて女性が2人連続で党首を務めることになった。メルケル氏はザールラント州首相だったクランプカレンバウアー氏を今年春にCDU幹事長に抜擢(ばってき)することによって、この『革命』を実現した。ドイツの女性はメルケル氏の下で初めて高い政治意識を持つ社会集団に成長した」とクランプカレンバウアー氏の選出を好…

    残り993文字(全文1491文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事