教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第26話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

    (前号まで)

     教師職に加え翻訳業収入で羽振りのよい是清は、下宿先の主人茅野茂兵衛から銀紙相場の投機話をもちかけられる。政府が新紙幣を買い支えるので確実にもうかるというのだが──。

    第26話 米相場

     明治12(1879)年10月、是清は銀紙相場で大損した。それでも大学予備門教師、共立学校の校長に加え翻訳の仕事もあったので、まだ蓄えがあった。

     是清が銀紙相場を始めた1月ごろ、采野(うねの)老人の仲買店にもよく顔を出した。そこで横田道太郎という相場を張る東京士族と昵懇(じっこん)になった。彼は後に共立学校の校長にもなる。

    残り2581文字(全文2840文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事