教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第25話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

    (前号まで)

     西南の役終結とともに日本はコレラ渦に襲われ、是清に大量のコレラ関連資料の翻訳仕事が舞い込んだ。一方、下宿先の主人茅野茂兵衛から経営不振の予備校の再建を依頼される。

    第25話 銀紙相場

     明治12(1879)年1月、24歳の是清は大学予備門の教師として復帰した。また共立学校(現開成学校)の校長として運営も担う充実した毎日を送っていた。コレラ予防策関連の翻訳仕事の収入も大きく、この年の春には第四国立銀行に4000円ほどの預金を積んでいた。

     そんな是清に大家の茅野茂兵衛が世間話のついでに投資話を持ちかけた。

    残り2650文字(全文2908文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事