教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第24話=板谷敏彦

    挿絵・菊池倫之
    挿絵・菊池倫之

    (前号まで)

     東京英語学校教師となり西郷柳子と結婚、公私ともに順風満帆の是清に越前の古着商人・福井数右衛門が畜産事業のもうけ話をもちかける。数百円を投資した是清は早速、だまされたことに気づく。

    第24話 翻訳業と共立学校

     明治10(1877)年9月、鹿児島の城山で西郷隆盛が切腹して西南戦争が終結したちょうどその頃、清国経由の英国商船によって長崎にコレラが上陸した。清国での流行を把握していた政府は警戒を強めていたのだが、その後コレラは横浜に上陸して東京に到達した。

     日本にとってコレラは初めての経験ではない。文政5(1822)年の記録に始まり、生麦事件が起きた文久2(1862)年のコレラでは江戸だけでも7万人の死者を出していた。

    残り2598文字(全文2913文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事