【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online騒乱相場

荒れる市場 揺らぐFRBの威信=浜田健太郎

学会シンポジウムに登壇した米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル現議長(左)と、イエレン前議長(中)、バーナンキ前々議長(右)=米アトランタ(Bloomberg)
学会シンポジウムに登壇した米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル現議長(左)と、イエレン前議長(中)、バーナンキ前々議長(右)=米アトランタ(Bloomberg)

「適切な経済のためには、我々は素早くかつ柔軟に対応する準備がある」──。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は1月4日、米南部ジョージア州アトランタで開いたアメリカ経済学会のシンポジウムで、緊張した面持ちで発言した。

 2週間あまり前の12月19日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、「2019年は、2回の利上げに見合うような経済状況になるだろう」という自らの発言を打ち消し、利上げの一時停止の可能性を示唆したものだ。

 2時間前には米労働省が12月の雇用統計を発表。景気を敏感に反映する非農業部門の就業者数が31万2000人増加し、市場予想(約18万人)を大きく上回ったこと受け、ニューヨーク株式市場ではダウ工業株30種平均が反発して始まり、パウエル議長の発言が市場に流れると株価は一段と上昇。ダウ平均は前日比746.94ドル高の2万3433.16ドルで引けた。

残り2037文字(全文2427文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月20日号

日本経済総予測2023第1部16 GDP成長率はG7中トップ 「眠れる美女」の覚醒に期待 ■谷道 健太/和田 肇19 インタビュー 竹増貞信 ローソン社長 「売上高はコロナ前を回復 冷凍食品や総菜の比率が上昇」20 個人消費 サービス中心に回復続く ■永浜 利広21 古くて新しい消費 家計防衛でコメ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事